飛んで降りる

主に対戦についての記録

20170912

前日書いた通り最近ゲームやってないので書いてもあまり内容のないメモばかりになってます。。。

そろそろいい感じの波に乗りたいところっすね。。。

 

で、今日は屈中pと立ち中pの使い分け?違いを考えてみようと思います。

とりあえず自分の考えるポイントとしては、

発生

判定

ガードさせた後の距離

これが大切なのかなと思いました。

 

かずのこ、Kブラッド、NL、シャオハイ辺りのキャミィを見てると、普段自分が立ち中pを振ってる場面で屈中pを選択していたので以前から気になっていた感じです。

数字だけ見ると立ち中pはガードさせて+3、屈中pは+1です。

これだけ見ると圧倒的に立ち中pの方が強いと自分は思うんですけど、上にも書いたように強いキャミィ使いは大体屈中pを選択しているので何か意味があってこの行動を選択しているに違いないと考えました。

 

けど、まだその違い?を自分の中でちゃんと理解出来てないのでそこについてはぼちぼち考えようと思います。

 

あと対戦中の反省を忘れない。

わからないことはトレモで調べる。

これ、忘れてました。

 

ここら辺意識してやっていきます。

 

格闘ゲームも大事だけど、まずは明日からの連休中にやることを考えねば、、、

 

 

終わり